ペーパークラフト

〜ランチボックス編〜



行楽シーズンですね。
お弁当持ちで出かけることも多いのでは?
サンドイッチなど入れるランチボックスを
作ってみました。

予定よりちょっと曇っていても気持ちが晴れる(ホント?)
こんな柄ならどうでしょう?
 
Photo by (c)Tomo.Yun
※写真は「ゆんフリー写真素材集」よりお借りしました。


普通紙ではサンドイッチは入りません…。
厚い紙でなおかつ
スーパーファイン印刷(EPSONインクジェットプリンタの場合)対応
の紙を使って作ってもら得るとよいかと思います(作者推奨)。
※アタシはサンワサプライの「見つけるbVb 厚紙」
(品番JP-AGA4 インクジェット専用紙 厚さ0.22ミリ)を
使用してみました。


もし気に入ったら
プリントアウトして使ってくださいませ。
(ただし個人で楽しむ利用に限ります。
プリントする際には
下の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

Adobe Acrobat Readerが入っていることが必要です。
(ファイルが開けば入ってます)
ない方は下のバナーをクリックして無料DLしてください。



ランチボックス(2枚貼りあわせて作ります)
無地も用意しましたので
好きな絵を描いてもよし
最初から柄のある紙や色画用紙などに印刷してもイケます。

空柄(ふた) 空柄(本体A) 空柄(本体B)
無地(ふた) 無地(本体)
※組み合わせは
自由ですが
ふた1枚
本体1枚を
選んでください。
※内側が白では寂しいという場合は裏面も印刷してください。
(向きに注意。また裏面の印刷が表面に劣る用紙もあります)
食品が印刷面に触れるのがイヤな場合はラップ等ご利用ください。


色だけ印刷するのはいかがでしょう?
内側の色をつけることの他に
無地の型紙を
上からもう一度(あるいは裏面に)印刷して
単色のボックスを作ることにも使えます。


ネイビー ブルー

作り方

切る。 貼り合わせる。 折る。 できあがり

ふた側ののりしろに本体を貼り付けます。 定規をあて先の尖ったもの(芯を出さないシャープペンシルなど)でなぞってから。 内側に折りこんだマチがイヤな場合は切り込みを入れてのりづけしても。